top of page

6月5日に上演される歌舞伎の短い要旨です

彦山権現誓助剱―毛谷村

<要旨>

優しくて強い剣士の六助は、悪賢い男に騙され、助けてやる。ところが後になって、その男が自分の剣の恩師をはじめ多くの人々を殺した大悪人であったことを知り、恩師の娘と共に復讐を誓って出発する。


Vow to help revenge with a sword at the foot of holy Mt. HIKOSAN;Keya Village

 <Short summary>

Rokusuke, a gentle and strong swordfighter, was deceived by a cunning man and helped him. After a while, Rokusuke learned that the cunning man he helped was a sneaky villain who killed many, including his sword master. He vows revenge with his master's daughter and sets out for battle.


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

会員の皆様 年3回発行する「会報」は、これまで紙印刷の冊子として発行、郵送してきました。けれども会員からの要望にお応えし、今後は希望される会員にはPDF形式の電子版会報を配布することにいたします。配布は当面の間、電子メールにPDFファイルを添付して送信する方法で行います。 あくまでも、電子版があれば紙印刷会報は不要とお考えの会員を対象といたしますので、電子版配布に伴い紙印刷会報の郵送は停止とし、こ

『日本振袖始』 出雲国を流れる簸の川(ひのかわ)の川上。昼でも暗い山奥には,八つの頭をもつ大蛇・八岐大蛇(やまたのおろち)が棲んでいました。村人はその祟(たたり)を恐れ,毎年一人ずつ美しい娘を生贄(いけにえ)に差し出しています。今年の生贄は,長者の娘・稲田姫(いなだひめ)。稲田姫が悲しんでいるところへ,美女を憎む岩長姫(いわながひめ)が現れます。その正体こそ八岐大蛇で,以前には,素戔嗚尊から十握(

bottom of page