top of page

歌舞伎を観に行こう       Let's go see Kabuki!

2023年 6月4日 歌舞伎鑑賞(終了)案内




東京外国語大学留学生支援の会

Tokyo University of Foreign Studiesー

International Student Support Association



     留学生のみなさん。

 歌舞伎を観る会を、今年も行います。

 歌舞伎は日本の代表的で伝統的な演劇で、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

 日本語がよくわからなくても、カラフルな衣装や化粧、独特の演技や音楽を見て、聴くだけで十分楽しめるでしょう。初心者用の簡単なレクチャーもあります。鑑賞後はコーヒーなどを飲みながら、感想や疑問を話し合って交流します。

 このプログラムの費用のほとんどを支援の会が補助するので、あなたは1,000円払うだけで参加できます。日本人学生も参加できます。

 この機会に、日本の伝統文化を一緒に楽しみましょう!今すぐ申し込んでください!

Dear International students,

  We will hold a Kabuki viewing event again this year.

  Kabuki is a typical and traditional performing art in Japan and is a UNESCO Intangible Cultural Heritage.

Even if you don't understand Japanese well, you can enjoy just watching and listening to colorful costumes and makeup, unique performances and music. There is also a short lecture for beginners by the cast actors. After the viewing, enjoy drinks and sweets while discussing your impressions and questions with other participants.

Most of the cost of this rich program is subsidized by ISSA, so you can participate for only 1,000 yen. Japanese students can also participate.

Let's take this opportunity to enjoy traditional Japanese culture together!

Apply now!

1.  日 時    6月4日(日) 13:45 ~18:00

2.  場所    国立劇場 (東京都千代田区隼町)

       (多磨駅からは1時間以上。地下鉄半蔵門駅あるいは永田町駅から徒歩8分)

             詳しいアクセス方法:https://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/access.html

3.  参加費   1,000円 

4.  募集人数  50人(留学生、日本人学生合わせて)

5.  6月4日のプログラム

  13:45 国立劇場大劇場入り口前に集合 (交通費は各自負担)

  14:30 開演

   1)出演者による「歌舞伎のみかた」の説明

   2)歌舞伎『日本振袖始 八岐大蛇と素戔嗚尊』

  16:30 茶話会 (コーヒーなど無料。自由参加)

  18:00 現地で解散

6.   参加方法

  (1)希望者は、《申し込みフォーム》に必要事項を記入して送信してください。

  

  募集数に達したので、申し込み受け付けを終了いたしました。

      締切:4月28日 

  (2)申込受付者にはメールで通知します。

  (3)受付通知を受け取った学生は、支援の会連絡室で参加費1000円を支払い、

     入場チケットを受け取ります。

       支払期間:5月18日(木)、19日(金)、22日(月)、23日(火)12:00~15:00

       連絡室: 国際交流会館2号館1F  TEL 042-330-5803

  (4)6月4日は集合時刻までにチケットを持って国立劇場に来てください。

7.    注意

*募集人数に達し次第、募集を終了します。

*チケットお渡し後の参加費返金はできません。キャンセルをすると支援の会の補助金も無駄になることを配慮してください。

*都合により参加できなくなった場合は、必ず連絡してください。

*歌舞伎鑑賞後集合写真を撮ります。会報に掲載することをご了承ください。


    この件についての問合せ先:留学生支援の会 issatufsp@gmail.com

1. Date and Time: Sunday, June 4th 13:45~18:00

2 Location: National-Theatre (Hayabusa-cho, Chiyoda-ku, Tokyo)

 (1 hour or more from Tama Station. 8 minutes walk from Hanzomon Subway Station or

 Nagatacho Station)


3 Participation Fee        1,000yen/Person


4   Number of Participants: 50 (International & Japanese students)


5 Program

13:45: Meet in front of the entrance to the National Theater of Japan

                  (Transportation costs are to be borne by each person)

14:30: Start

1) Explanation of "Kabuki no Mikata" by the performers

2) Kabuki "Nihon Furisode Hajime (Yamatanoorochi to Susanoonomikoto)"

16:30: Tea party (free of charge such as coffee. Free participation)

18:00: Disbanded locally


6.How to participate

(1)Applicants fill out the "Application Form" and send it to us.

Note

The number of applications  has exceeded the upper limit.

Therefore, we are no longer accepting applications。

             Deadline: April 28th      

(2)Participants will be notified by email.

(3)Students who receive the notification of acceptance pay the participation fee of 1,000 yen at the ISSA Contact Room. You will receive your admission ticket.

Payment period: May 18 (Thu), 19 (Fri), 22 (Mon), 23 (Tue) 12:00~15:00

Location of the ISSA Contact Room: International Residence Hall No. 2, 1st floor. TEL 042-330-5803

(4)  Please come to the National Theatre with your ticket before the meeting time on June 4th.


7 Attention

*Recruitment will end as soon as the number of applicants is reached.

*Participation fee cannot be refunded after the ticket is handed over. Please consider that if you cancel, the subsidy of ISSA will also be wasted.

*If you are unable to participate due to circumstances, please be sure to contact us.

*We will take a group photo after watching Kabuki. Please note that it will be published in our newsletter.

Contact for inquiries regarding this matter:

TUFS-ISSA:  issatufsp@gmail.com

  『日本振袖始』のあらすじ

 出雲国を流れる簸の川(ひのかわ)の川上。昼でも暗い山奥には,八つの頭をもつ大蛇・八岐大蛇(やまたのおろち)が棲んでいました。村人はその祟(たたり)を恐れ,毎年一人ずつ美しい娘を生贄(いけにえ)に差し出しています。今年の生贄は,長者の娘・稲田姫(いなだひめ)。稲田姫が悲しんでいるところへ,美女を憎む岩長姫(いわながひめ)が現れます。その正体こそ八岐大蛇で,以前には,素戔嗚尊から十握(とつか)の宝剣(ほうけん)を奪って体内に飲み込んでいました。稲田姫を襲おうとした岩長姫は,ふと酒の香りに気付くと八つの甕かめに入っていた酒を次々に飲み干し,ついに稲田姫を飲み込みます。そこに,稲田姫の恋人・素戔嗚尊が,稲田姫と十握の宝剣を取り返すため駆け付けます。実は岩長姫が飲んだ甕の酒は毒酒で,大蛇を退治するために素戔嗚尊が仕込んだものでした。毒酒に酔った岩長姫は大蛇の本性を顕あらわし,素戔嗚尊と激しく戦います。

 Synopsis of "Nihon Furisode Hajime"

  The drama is set in the upper reaches of the Hinokawa River that runs through the province of lzumo (now Shimane Prefecture). Deep in the mountains where it is dark even in the daytime settled in Yamata no Orochi (a gigantic eight-headed serpent).

For fear of the horrible curse of the monster serpent befalling them, villagers offered a beautiful woman as a sacrifice every year. Now, Princess lnada is sunken in grief at the upper reaches of the river, waiting to be offered as the latest scapegoat. Then comes Princess Iwanaga who hates beautiful women. In fact, she is an incarnation of Yamata no Orochi. Attempting to attack Princess lnada, Princess lwanaga suddenly notices the smell of sake (liquor). She empties eight sake jugs one after another. and eventually swallows Princess lnada.

Then, Princess lnada's sweetheart Susanou no Mikoto rushes to save the princess and get back the totsuka no hoken (a sacred sword) that was once storen by Yamata no Orochi. What Princess lwanaga actually consumed was poisoned sake that had been prepared by Susanoo no Mikoto. Drunk on sake, Princess lwanaga shows her true nature as that of the monster serpent and fights a fierce battle against Susanoo no Mikoto.


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年度会員総会(オンライン開催)のご案内​

終了 資料 2023年度会員総会(オンライン開催)のご案内 ​ 2023年2月17日 留学生支援の会会員各位 東京外国語大学留学生支援の会 会長 谷 和明 春寒の候、会員の皆様方にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 日頃より、本会の留学生支援活動にご理解とご協力を賜わり、厚く御礼申し上げます。 さて、2023年度会員総会を下記の通りオンライン形式で開催いたします。昨年に引き続いて、総会開

秋期バザー開催のお知らせとバザー用品ご寄贈のお願い

終了 資料 開催日時:2023年9月29日(金)、30日(土) (30日は日本人学生も歓迎) 12:00~16:00      会  場:国際交流会館2号館交流ホール ​ 後期に入学する200名近い留学生たちを主な対象とするバザーを開催します。その成功のため、会員の皆さまのご協力をお願いします。 なお、バザー用品のご提供に際しては、以下の事項をご確認くださるようお願いいたします。 ​ 1 バザー用

bottom of page