次の段階に向け羽ばたく留学生たち

3月19日は国際交流会館に入居していた今年度卒業(修了)留学生の退寮日である。国際交流会館1号館前に宅配便のトラックが止まり、10人ほどのスーツケースなどを持った留学生がたむろしていた。JLCで1年間(と言っても、今年度は対面授業は半年間となったが)の予備教育を終え、4月から全国の大学に入学する国費学部留学生たちだ。行先を聞くと、長崎大、奈良女子教育大、横国大、学芸大、東大といった答えが返ってきた。各人自分の専攻に見合った大学に進学できたと、希望に胸を膨らませている。

 ほとんどは入学先の学生寮に入居するが、入寮は4月以降と決められているので、2週間近くの間の宿泊先を何とかしなければならない。ずいぶん昔は、空き教室に数十人、男女雑魚寝で暮らすのを黙認した時代もあったが、現在では安全や衛生の観点から、ドライに退去を迫られる。

 この期間の安全で安い宿泊先の確保、なんとかならないものか。




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

『会報』68号(2021年11月号)が発送されました。

既に配送されている会員もみえるかもしれません。到着まであとしばらくお待ちください。 そしてご一読の上、紙面改善のためみなさまのご意見をお寄せください。 万一、今月中に配送されない場合、恐れ入りますが支援の会までご一報ください。

JLC50周年記念集会が200名近い参加により開催されました

本学の留学生日本語教育センターの前身である外国語学部付属日本語学校が開設されたのは1970年のことです。昨年が50周年でしたが、コロナ禍のため計画してきた行事は中止のやむなきに至りました。そして今年、ZOOM会議などOnlineによる集会として開催されました。

東外大留学生を支援する5万円の生活給付金を支給します!  申し込みは11月30日までです。

ポストコロナ時代の 留学生の学び継続を支援する生活給付金について 2021年11月16日 東京外国語大学留学生支援の会 東京外国語大学で学んでいる留学生のみなさん 新型コロナ感染拡大は収束に向かいつつありますが、先行きは不明であり、今も生活の困難や不便を抱えている留学生がいるでしょう。 特に、私費留学生で授業料減免を受けていない人、育児のためあまりアルバイトが出来ない女性留学生の生活困窮が心配です