top of page

現在実施中

1  3月5日(日曜日)早春の鎌倉に行こう! 募集中

2 2月17日(金曜日)深大寺ウォーキング 募集中

3 大学院で学ぶ留学生が学会に参加するための旅費の一部を助成​ 募集中

第3回 コロナ下での留学生生活調査     ​  終了

小論文「コロナ禍の3年間を振り返って」の募集  終了

留学生の学び継続を支援する生活給付金     終了

文楽を観に行こう  Let’s Discover BUNRAKU! 終了

2022年度入学留学生歓迎会            終了

3月5日(日曜日)早春の鎌倉に行こう!

Visit Kamakura in early spring on Sunday, March 5!

東京外国語大学留学生支援の会

 早春の古都鎌倉を訪れ、その歴史、景観、味覚、自然を体験し、楽しむ日帰り旅行です。

 鎌倉は12世紀末、日本で最初の武士政権の首都としてつくられました。19世紀まで続いた武士階級が支配する社会の政治や文化の基礎が形成された、代表的な歴史的都市です。海と山に囲まれた美しい自然景観に囲まれ、神社や寺院など多くの史跡と伝統的町並みがあります。

 3月5日には、10時に鎌倉駅に集合し、以下のコースをまわって16時に人気スポット小町通りで解散します。参加者相互の交流を深めるため、小グループに分かれて行動します。交通費、入場料、食費の大部分は支援の会が補助するので、参加費1000円を支払うだけで、鎌倉を楽しむことができます。日本人学生の参加も歓迎します。

この機会を逃さず、今すぐ申し込んでください!

   3月5日のプログラム 

10:00 鎌倉駅に集合 

          (集合場所の詳しい情報は後で連絡します)

    江ノ電で「長谷」へ移動 

10:30 長谷寺高徳院(鎌倉大仏)見学

12:15 昼食 (和食、ビーガン対応可)

13:30 江ノ電で「鎌倉」へ移動

14:00  銭洗弁天鶴岡八幡宮を見学

16:00 小町通りで解散

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実施要項

1.  日 時:3月5日(日)10:00 ~16:00(注意:大学付近から鎌倉駅までは電車で片道2時間)

2.  場所: 鎌倉(神奈川県)

3.  参加費 1,000円 (入場料、昼食代、交通費の大部分は支援の会が補助します)

4.   募集人数 35人(留学生および日本人学生)    

 

5.   参加方法

  (1)「申し込みフォーム」に必要事項を記入して送信してください。締切2月15日

          申し込みフォーム Application Form

  (2)フォームを送信したら、支援の会連絡室で参加費1000円を支払ってください。締切2月21日

  (3)以上で参加受付は完了です。3月5日10時に鎌倉駅に集まってください。

      支援の会連絡室の住所:国際交流会館2号館 1階 TEL

            開室時間:毎週火曜日、木曜日、金曜日の11:40~15:40

6.  注意

  *集合写真を撮ります。会報やHPに掲載することをご了承ください。

  *参加できなくなった場合は、必ず連絡してください   Mail:issatufs@outlook.jp

  *コロナ感染や天候の状況によってプログラムの変更や中止もあります。

  *募集人数に達し次第、募集を終了します。

  *鎌倉駅までの往復交通費は自分で支払ってください。現地で交通費補助金を渡します。

 

 この件についての問合せ先: 留学生支援の会 Mail:issatufs@outlook.jp

One day Visit Kamakura in early spring

on Sunday, March 5!

Tokyo University of Foreign Studies International Student Support association(ISSA)

 

We offer a one-day trip to the old medieval city of Kamakura in early spring to experience and enjoy its history, urban landscape, taste, and beautiful nature.

Kamakura was established at the end of the 12th century as the capital of the first samurai government in Japan. It is a representative historical city in Japan where the political and cultural foundations of a society by the samurai class were formed that lasted until the 19th century. Surrounded by beautiful natural scenery of sea and mountains, the city has many historical sites such as shrines and temples, as well as traditional townscapes.

On March 5, participants will gather at Kamakura Station at 10:00 a.m., tour the following course, and disband at 4:00 p.m. at the popular Komachi Street. Participants will be divided into small groups in order to deepen mutual exchange. ISSA will subsidize most of the transportation, admission, and food costs, so you only need to pay the participation fee of 1,000 yen to enjoy Kamakura. Japanese students are also welcome to participate.

Let's take this opportunity to enjoy Japanese history and culture together! Sign up now!

   Program for march 5 

10:00 a.m. Meet at Kamakura Station (detailed information on the meeting place will be provided later)

    Transfer to "Hase" by Enoden

10:30 Visit Hase Temple and Kotokuin Temple (the Great Buddha )

12:15 Lunch (Japanese food, vegan food available)

13:30 Transfer to "Kamakura" by Enoden

14:00 Visit Zeniarai-benten and Tsurugaoka Hachimangu Shrine

16:00 Dismissal at Komachi-dori

 

       Details

1. date and time: Sunday, March 5, 10:00 - 16:00

                       (note: it takes 2 hours one way by train from near TUFS to Kamakura Station)

2. location: Kamakura (Kanagawa Prefecture)

3. participation fee: 1,000 yen (admission fee, lunch, and most of the transportation costs will be subsidized by the support group)

4. number of applicants: 35 (international and Japanese students)

5. How to participate

  (1) Fill out the "Application Form" above and send it to us.       Deadline February 15.

  (2) After submitting the form, please pay the participation fee of 1,000 yen at ISSA Contact ROOM.                                                                                                            Deadline February 21

  (3) This completes the registration process. Please gather at Kamakura station on March 5 at 10:00.

              Address of the ISSA Contact Room : International Residence. No.2, 1F 

              Opening hours: 11:40~15:40 every Tuesday, Thursday and Friday

 

7. attention

*We will take group photos. They may be published in the bulletin or on the website.

*If you are unable to attend, please be sure to let us know.

*The program may be changed or cancelled due to corona infection or weather conditions.

*Recruitment will be closed once the number of participants has been reached.

*Please pay your own transportation to and from Kamakura Station. A transportation subsidy will be given at the site.

 

For inquiries about this matter, please contact: ISSA   Mail:issatufs@outlook.jp

 

 

長谷寺.JPG
長谷寺 (2).jpeg
長谷寺.jpeg
銭洗い弁天.jpg
八幡宮.JPG
由比ガ浜.jpg
アンカー鎌倉

参加者募集中!

2月17日 深大寺ウォーキング

 Let's walk to Jindaiji on February 17th

 

 深大寺まで1時間ほど歩き、伝統的な寺院や仏像を見学し、おいしい深大寺そばを食べ、さらに広い植物公園で梅や熱帯植物を鑑賞する半日ウォーキングです。参加費は無料です。参加者には昼食などの費用として1000円を補助します。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あなたは深大寺を知っていますか?  
 東京外国語
大学から徒歩1時間ほどでいける、歴史と自然を体験できる場所です。
 733年に建立された、東京都で2番目に古い仏教寺院です。
 関東地方で最古の国宝の仏像
があります。

 さまざまな色、サイズのダルマが売られています。
 日本の代表的な麺料理である「そば」が有名で、多くのそば店があります。
 寺の隣には広大な東京都立植物公園があり、今なら梅の花を楽しめます。
 

 
1 2月17日の行動計画
  10:00 国際交流会館1号館前に集合 ⇒出発
  11:00 深大寺到着。見学。

  12:00 昼食、自由行動
  13:30 現地解散 
   その後 希望者は植物公園を散策


2 参加定員 20名


3 参加費用 無料 (昼食費1000円を補助します)


4 参加申し込みの方法
  参加希望者は、申し込みフォームにアクセスし、2月10日までに申し込んでください。先着順に受け付けます。

 

5 注意 雨天の場合は中止し、できれば別の日に行います。
   

      申し込みフォーム   Application Form

 

 

Let's walk to Jindaiji on February 17th

 

This half-day walking tour includes a one-hour walk to Jindaiji Temple, a visit to a traditional temple and Buddhist statues, a taste of delicious soba noodles, and a visit to the botanical park to view plum trees and tropical plants. Participants will be subsidized 1,000 yen for lunch and other expenses.


Do you know Jindaiji Temple? 
It is a place where you can experience history and nature within an hour's walk from TUFS.
Founded in 733, it is the second oldest Buddhist temple in Tokyo.
It has the oldest Buddhist statue in the Kanto region.

Dharma dolls of various sizes are sold.
It is also famous for soba, a typical Japanese noodle dish, and is home to many soba restaurants.
Next to the temple is the spacious Tokyo Metropolitan Botanical Garden, where you can enjoy the plum blossoms now.
 
 
1 Action plan for February 17
  10:00 Gather in front of International House No.1 

                     One Hour Walk
  11:00 Arrive at Jindaiji Temple. Visit Jindaiji Temple.
  12:00 Lunch, free time
  13:30 Dismissal 
   Afterwards, walk around the Botanical Garden if desired.
2 Capacity: 20 participants
3 Participation fee: Free (1,000 yen for lunch wi
ll be subsidized)
4 How to apply for participation
  Please access the Application Form above to apply by February 10. Applications will be accepted on a first-come, first-served basis.

5. Note: In case of rain, the event will be canceled, and if possible, it will be held on another day.

深大寺正門.jpg
国宝.jpg
ダルマ.JPG
アンカー 深大寺

小論文「コロナ禍の3年間を振り返って」の募集
 

応募者には「コロナに負けるな!生活応援券」3000円をプレゼントします


2022年12月23日
東京外国語大学留学生支援の会

   留学生の皆さん 
 日本でのコロナ感染は大きく減少しています。とはいえ、いつになれば以前の生活に戻れるかはわかりません。私たちは現在も制約された生活を強いられています。留学生の皆さんも、学習や研究、友人や家族とのコミュニケーション、日常の生活において様々な困難や不便さに直面しながら、日本留学の目的を達成するために奮闘していることでしょう。
   そんな皆さんの、留学生としてのコロナ体験を様々な視点から文章にして、支援の会に届けてください。私たちはそれを支援の会のこれからの活動の参考にするとともに、会の会報やホームページに掲載して、学内外の多くの人に伝えていきます。
  それへのお礼として、投稿者には、先着順70名に、コンビニなど様々な場所で利用できるQUOカード3000円分を、「コロナに負けるな!生活応援券」として差し上げます。年末の生活をチョッピリ暖めるのに使ってください。
 みなさんからの積極的な投稿を期待しています。

  
1 投稿できる人 
東京外国語大学で学んでいる外国人留学生ならだれでも投稿できます。

 

2 小論文の内容・形式

  (1)内容 コロナ禍の3年間の体験を振り返って、
      留学生としてあなたが経験した困難やその解決のための行動、
      あなたが観察した日本社会の問題点や特徴および自国との比較、
      あなたが助けられ、励まされた出来事、
      留学生支援のあり方に関する要望、

      ポストコロナに向けての希望、

      など、自分が最も述べたい論点について記述してください。
  (2)言語と分量  日本語を使用し、1000字以上書いてください。
  (3)形式     Word(40字×30行フォーマット)で作成してください。
        
3 投稿方法
(1)完成した「投稿用ファイル」をメールに添付し、下記のアドレスに送信してください。
    ①送信先メールアドレス:issatufs@outlook.jp
    ②投稿期限 2023年1月23日(月)18時
    ③メールには「小論文投稿」というタイトルをつけてください。
(2)投稿者には「投稿受付」メールを送信します。

「投稿受付」メールが3日以内に届かない場合、スパム扱いされていないか確認してください。それでも受信していない場合は、メールでお問い合わせください。

4「コロナに負けるな!生活応援券」の受取り
  (1)生活応援券は3000円分のQUOカード1枚です。 
  (2)受信した「投稿受付」メールを紙コピーあるいはスマホ等で提示して受け取ります。
    ①受取り日時 2023年1月26日 11:30~14:00
                1月27日 11:30~14:00    
    ②受取り場所 留学生支援の会連絡室(国際交流会館2号館1F)
   
 質問等のある方は下記にメールでお願いします
東京外国語大学留学生支援の会 Mail:issatufs@outlook.jp

 

 

第3回 コロナ下での留学生生活調査


回答者には、「コロナに負けるな!生活応援券」1000円をプレゼントします
 

 留学生の皆さん 支援の会の留学生生活調査に協力してください!

 私たち留学生支援の会では、3年間に及ぶコロナ禍と最近の国際的な物価高騰の下での皆さんの生活状態を知るために質問票による調査を行います。調査で得た情報は、支援の会の今後の活動の参考資料として活用します。
 今回で3回目の調査になります。
   これまでに回答しなかった方は、ぜひ回答してください。
   昨年回答した方も、質問はほぼ同じですが、1年後の現在の状態を回答してください。
 回答者には、協力へのお礼として、先着100名に「コロナに負けるな!生活応援券」(1000円分QUOカード)を差し上げます。

 1 今回の調査の対象者
   1)東京外国語大学に在籍する外国人留学生であって、
   2)2022年4月1日以前に日本での留学生活を開始している者。

 2 回答から「コロナに負けるな!生活応援券」受け取りまでの手順

(1)下にある「調査質問票」をダウンロードして回答を記入し、それをメールに添付して下記のメールアドレスに送信してください。

「調査質問票」(左をクリックしてダウンロードしてください)


①送信先メールアドレス:issatufs@outlook.jp
②メールのタイトルは 「調査回答」にしてください。
③メールにはあなたの名前を記入してください
④回答の締め切り 2023年1月23日(月)18時


 (2)回答者には「回答受付」メールを送信します。


   ①SPAM扱いになる可能性があるので、注意してメールチェックしてください。
   ②3日たっても「回答受付」メールが届かない場合は、支援の会に連絡してください。


 (3)「コロナに負けるな!生活応援券」の受け取り
     「回答受付」メールをプリントアウトあるいはスマホ等で提示して受け取ります。
      日時 2023年1月26日 11:30~14:00
              1月27日 11:30~14:00

                日時を変更したので注意してください

      場所 留学生支援の会連絡室(国際交流会館2号館1F)

  
  調査質問票 

          上をクリックして質問票ファイルをダウンロードしてください

 質問等のある方は下記にメールでお願いします

東京外国語大学留学生支援の会 Mail:issatufs@outlook.jp


3rd survey on the living conditions of international students under the corona crisis
Respondents will receive a gift of 1000 yen, "Don't lose to Corona! Life support ticket"
 

TUFS International Student Support Association (ISSA)

 

All international students,

please cooperate with the support group's international student life survey!

We, ISSA will conduct a questionnaire survey to find out about your living conditions under the three years of the corona crisis and the recent rise in international prices. The information obtained from this survey will be used as reference material for future activities of the support group.
 
This is the third survey.
If you did not respond to the survey up to last year, please do so.
For those who answered last year, the question is almost the same, but please answer the current situation one year later.
As a thank you for your cooperation, the first 100 respondents will receive a "Don't lose to Corona! Life Support Ticket" (1000 yen QUO card).

1. Subjects of this survey
  Foreign students enrolled in Tokyo University of Foreign Studies who started studying in Japan before April 1, 2022.

 2 Procedure from answering to receiving "Don't lose to Corona! Life Support Ticket"

(1) Please download the "Survey Questionnaire" below, fill in the answers, attach it to an email, and send it to the email address below.

   "Survey Questionnaire" ​←You can download 


① Destination email address: isstufs@outlook.jp
②The title of the email should be "Survey Response".
③Please write your name in the email.

④ Deadline for responses: Monday, January 23, 2023, 18:00

 

(2) Respondents will receive an "Response Received" email.


①Because there is a possibility that it will be treated as SPAM, please check your email carefully.
② If you do not receive an "Response Received" email after 3 days, please contact the support group.

 

(3) Receipt of "Don't lose to Corona! Life Support Ticket"
    
Receive the "Response Received" email by printing it out or presenting it on your smartphone, etc.
    Date January 26, 2023 11:30-14:00
            January 27th 11:30-14:00

    Location: International Student Support Association Liaison Office (International House Building No. 2, 1st floor)

 

終了

60名以上の申請者のうち30名への支給を決定し、1月15日に支給決定通知をメールで送信しました。

 

 

 

 

 

2022年12月5日

東京外国語大学留学生支援の会

 

ポストコロナ時代の留学生の学び継続を支援する生活給付金

 

 東京外国語大学で学んでいる留学生のみなさん

 

 コロナ禍は収束に向かいつつありますが、国際的なインフレーションの影響もあり、生活の困難や不便を抱えている学生が増えています。特に、充分な奨学金をもらっていない私費留学生、育児のためあまりアルバイトが出来ない女性留学生の生活困窮が心配です。

 このような留学生の学びの継続を支援するため、3万円の生活給付金を支給します。

 生活に困っている留学生は、「申請書」に必要事項を記載して申し込んでください。

 

 申請書を審査したうえで、給付金の必要性の高い学生30名程度に3万円の給付金を支給します。返済する必要はありません。

 

申請できる留学生

 東京外国語大学の学部・大学院に在学し、日本国内に居住している外国人留学生で、以下のAもしくはBの条件に該当する者。

 

 A  以下の(1)(2)の条件を満たす者

(1)日本政府奨学金(国費奨学金)あるいは月額12万円以上のその他の奨学金を受給していない。

(2)コロナ禍のためアルバイト収入、家族からの送金が減少して、生活に困っている。

 

 B 女性留学生で育児のために必要なアルバイトが出来ず、生活に困っている者。

 

申請方法  

 所定の「申請書」に必要事項を正確に記載して提出する

  (1)提出期日 2022年12月5日(月)~19日(月)。 最終日18:00まで。

  (2)提出先 東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当

         mail: issatufs@outlook.jp

 

(3)提出方法 上記のメールアドレスあてに申請書ファイルを添付したメールを送信する(メールには「給付金申請」というタイトルをつける)。

(4)提出者には確認メールを返送します。3日以内に確認メールが届かない場合は、issatufs@outlook.jpにメールで連絡してください。

 

支給者の選考

(1)選考委員会が申請書を審査し、給付金支給者を決定します

(2)審査に必要な場合、メールや電話で質問することがあります。

 

給付金の支給

 (1)支給者には2023年1月15日までに「決定通知」メールを送信します。

 (2)通知を受け取った学生は、必要な書類を、1月19日(木)11時~13時に、支援の会連絡室に提出してください。

 (3)提出した学生の指定口座に給付金を振り込みます。

 

支給者の義務

 給付金の支給を受けた留学生は、以下の報告等を提出しなければなりません。

 (1)「コロナ禍のもとで自分の留学生活はどう変化したか、それにどう対応したか」(仮題)についての報告文

         (1500字以上、2023年2月10日まで)

 (2)「給付金を何に使用したか」についての報告

         (2023年3月30日まで)

 

注意  

 給付金についての連絡はissatufs@outlook.jpメールでおこないます。申請した学生は、issatufs@outlook.jpからのメールが正常に受信できるようにデバイスを設定してください。そのうえで、支援の会からのメールの着信を見逃さないように注意してください。

 

連絡、質問先

 この給付金についての質問は、留学生支援の会までメールでお願いします。

  東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当

     府中市朝日町3-11-2 国際交流会館2号館1F

     Mail: issatufs@outlook.jp

申請書は下をクリックすればダウンロードできます

 

  申請書

Livelihood Benefits for International Students to Support Continuous Study in The Post-Corona Era


December 5, 2022

International Student Support Association
of Tokyo University of Foreign Studies 
(TUFS-ISSA)

 

Dear all international students studying at Tokyo University of Foreign Studies,


The coronavirus crisis is coming to an end, but due to the impact of international inflation, many students are likely to have difficulties and inconveniences in their lives. In particular, we are concerned about the impoverishment of privately financed international students who do not receive sufficient scholarships, and female international students who cannot work part-time due to childcare.

In order to support such international students in continuing their studies, we will provide a Livelihood benefit of 30,000 yen.

International students who are having trouble making a living can fill out the "Application Form" and apply.

After reviewing the application, the 30,000 yen benefit will be provided to about 30 students who are in high need. There is no need to repay.

International Students Eligible to Apply
International students who are enrolled in an undergraduate or graduate course at TUFS and reside in Japan, and who meet the following conditions A or B.

 

 A.  Applicants must meet the following conditions (1) and (2).


(1) You are not a recipient of a Japanese government scholarship (government-sponsored scholarship) or any other scholarship of 120,000 yen or more per month.
(2) Due to the Corona disaster, your part-time job income and remittances from your family have decreased, and you are having trouble making ends meet.

 B.  Female international students who are unable to find a part-time job for childcare and are having trouble living.

How to apply  

Fill out the prescribed "Application Form" (click to download) accurately and submit it.


(1) Submission date: Must arrive no later than 18:00 on Monday, Desember19,2022.
(2) Submission address: TUFS-ISSA / Livelihood Benefits Team
         mail: issatufs@outlook.jp

(3) How to submit: Send an e-mail with the application form attached to the above e-mail address (the e-mail should be titled "Application for Benefits").
(4) A confirmation email will be sent to the submitter. If you do not receive a confirmation email within 3 days, please email isstufs@outlook.jp.


Selection of recipients


(1) The selection committee will review the application and decide who will receive the benefits.
(2) Questions may be asked by e-mail or phone if necessary for the screening process.

Payment of benefits


(1) A "decision notification" will be sent to the recipients by January 15, 2023.
(2) Students who receive the notification must submit the necessary documents to ISSA Contact Room between 11:00 and 13:00 on January 19, 2023.
(3) Benefits will be transferred to the designated account of the students who submitted the documents.

Obligations of the Beneficiary
International students who receive the benefits must submit the following reports.


(1) Report on "How has your life as an international student changed under the COVID-19 pandemic, and how have you dealt with it?" (tentative title)
         (1500 characters or more, by February 10, 2023)
(2) Report on "What you used the benefit money for"
         (by March 30, 2023)

Attention
We will contact you about the benefits by email at isstufs@outlook.jp. Please set your device so that you can receive emails from isstufs@outlook.jp normally. After that, please be careful not to miss the incoming mail from ISSA.


Contact and questions
If you have any questions about this Benefit, please contact ISSA by e-mail.

Livelihood Benefits Team
International Student Support Association,
Tokyo University of Foreign Studies, 
1F, TUFS International Residence No.2, 3-11-2 Asahicho, Fuchu-shi

Mail: issatufs@outlook.jp
 Application Form
 

HP ポスター文楽.jpg

文楽を観に行こう  Let’s Discover BUNRAKU!

12月12日(月) 18;00 ~21:00

 おかげさまで、募集数に達しましたので今回の募集は終了しました。

 

 参加受付メールを受け取った学生は11月28日~12月3日の間に支援の会連絡室で参加費1000円を支払い、チケットを受け取ってください。

=================================================

留学生のみなさん。
文楽を知っていますか?
文楽は日本の代表的で伝統的な人形劇で、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
「でも日本語が・・・」。いえ、心配は無用です。素晴らしい人形の動きを見て伴奏音楽を聴くだけでも十分楽しめます。英語のイヤホン解説もあります。初心者用の英語のレクチャーもあります。年に1~2回しかない外国人のための特別プログラムだからです。
 この機会を逃がさずに、日本の伝統文化を一緒に楽しみましょう!
日本人学生も参加できます。
 すぐに申し込んでください!

Dear international Students,
Do you know BUNRAKU?
BUNRAKU is a representative traditional puppet theater of Japan which is registered as a UNESCO Intangible Cultural Heritage.
"But my Japanese is..."   
No Problem. Just watching the exquisite movements of the puppets and listening to the accompaniment music is enough to entertain. In addition, Earphone commentary in English is available. And an English lecture for beginners will help you understand. This is a special program for foreigners that is performed only a few days a year.
Don't miss this opportunity and enjoy traditional Japanese culture together! 
Japanese students can also participate.

Apply now!

1.    日 時 12月12日(月) 18;00 ~21:00


2.    場 所 国立劇場 小劇場 (東京都千代田区隼町)
      (多磨駅からは1時間以上。地下鉄半蔵門駅あるいは永田町駅から徒歩8分)
         アクセス方法: https://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/access/


3.    参加費 1000円 


4.    募集人数 30人 (留学生、日本人学生合わせて)


5.    12月12日のプログラム
    18;00までに国立劇場に入場 (交通費は各自負担)
    18:30 開演
     1)解説「文楽の魅力」
     2)絵本太功記(えほんたいこうき) 
            夕顔棚の段/尼ヶ崎の段

           https://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/kokuritsu/2022/0412bunrakukyoshitsu_dan.jpg

           https://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/kokuritsu/2022/0412bunrakukyoshitsu_danura.jpg        
   20:50 終演
   21:00 現地で解散


6.    参加方法
  (1)希望者は、《申し込みフォー》に必要事項を記入して送信してください.
      (締切10月21日)
     
  (2)参加受付者にはメールで通知します


  (3)受付通知を受け取った学生は、支援の会連絡室で参加費1000円を支払い、入場券を受け取ってください。

     支払期間 11月28日~12月2日
       連絡室は、この期間は毎日11:40から15:40まで開室しています


  (4)12月12日18時までに入場券を持って国立劇場に来てください
 
7、注 意
*劇場内で集合写真を撮ります。会報に掲載することをご了承ください。
*都合により参加できなくなった場合は、必ず連絡してください。
*コロナ感染拡大の状況によってはプログラムの変更や中止もあることをご了承ください。

この件についての問合せ、連絡、参加費の支払い
   留学生支援の会連絡室
     学生交流会館2号館 1階


1. Date and time: Monday, December 12th, 18:00-21: 00
2. Location: National Theater 
      Address; Hayabusa-cho, Chiyoda-ku, Tokyo
        1 hour or more from Tama Station. 
        8 minutes’ walk from Hanzomon Station or Nagatacho Station)
      Access details   https://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/access.html

3. Participation fee:1,000yen
4. Number of applicants: 30(including Japanese students)
5. Schedule for December 12th
  18:00 Enter the National Theater by 18:00 (transportation expenses are at your own expense)
  18:30  Start
     1) Commentary "Charms of Bunraku"
     2) Bunraku Performance "Ehon Taikoki"
             Yugaodana no Dan / Amagasaki no Dan

           https://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/kokuritsu/2022/0412bunrakukyoshitsu_dan.jpg

​           https://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/kokuritsu/2022/0412bunrakukyoshitsu_danura.jpg

  20:50 end
  21:00 Disbanded locally


6. How to participate
(1) If you would like to participate, please fill out and submit the Application Form.
        Deadline: October 21
        
(2) We will notify you by e-mail whether or not you can participate. 
(3) After receiving the reception notice, please pay the participation fee of 1,000 yen and receive the admission ticket at the ISSA Contact Room. 
Payment Term: From November 28th to December 2nd
Our Contact Room is open every day from 11:40 to 15:40 during this period.
(4) Come to the National Theater with your admission ticket by 6:00 on December 12th.
 
7. Caution
* We will take a group photo in the theater. Please note that it may be published in the newsletter.
* If you are unable to participate due to circumstances, please be sure to contact us.
*Please note that the program may be changed or canceled depending on the spread of corona infection.

Inquiries about this matter

 Tufs-International Student Support Association (ISSA)
Contact Room: TUFS International Residences No. 2, 1st floor
    E-mail: issatufsp@gmail.com
 

2022年度入学留学生歓迎会への招待
 Invitation to welcome party for new international students in 2022

10月からISEP学生としての生活をスタートさせた皆さん

留学生支援の会は、みなさんを心から歓迎し、10月23日(日曜日)に、みなさん留学生と日本人学生および支援の会スタッフが交流し、情報を交換する場としての歓迎会を開催します。4月に入学されたISEP学生も大歓迎です。
皆さん全員が参加されることをこころから楽しみにしてお待ちします。

支援の会は、皆さんが有意義で楽しい留学生活が送れるよう、さまざまな支援、交流活動を行っていきます。
 
2022年度入学留学生歓迎会
   日 時: 10月23日(日曜日)14:00~16:00
   会 場: 大学会館ホール(生協食堂の横)
   入場無料

 

  Invitation to welcome party for incoming international students in 2022
Everyone who started life as an ISEP student from October,

We, The International Student Support Association welcome all of you from the bottom of our hearts, and will hold a welcome party on Sunday, October 23rd as place for networking and information exchange between international students, Japanese students, and ISSA staffs.  ISEP students who entered in April are also very welcome.

We are looking forward to having you all join us.

The support group will carry out various support and exchange activities so that you can have a meaningful and enjoyable study abroad life.
 
Welcome party for incoming international students in 2022
Date: Sunday, October 23, 14:00-16:00
Venue: University Hall (next to the co-op cafeteria)
   free entrance 

 

                             留学生のための学会出席旅費の助成について(申請要領)
                                                                                   東京外国語大学留学生支援の会

1.目的
 本学大学院(修士課程・博士課程)留学生の研究推進に資するため、主として論文作成に関わる研究成果を、国際学会または日本国内の学会(研究発表大会等)に出席し発表する留学生に対し、その旅費の一部を助成する。


2.留学生の範囲と申請期限
(申請対象者) 大学院 修士課程 在籍者
                    博士課程 在籍者
(申請期限)2022年7月15日(金)15時までに留学生支援の会室(国際交流会館2号館1階)
     に申請書類を提出してください。
<注-1>初めて申請する方を優先します。予算に満たない場合は、上記期限後2度目以降の申請の方も受け付けます。


3. 対象となる学会
①海外で開催される国際学会
②日本で開催される学会(国際学会及び国内学会)


4. .助成内容と金額  
 交通費および宿泊費の助成 
 上記3-①の場合 50,000円
 上記3-②の場合 20,000円  
(今年度総額30万円)
<注-2>正規の旅費の支給を受ける場合を除く。


5.申請書について
①申請書はHPよりダウンロードして下さい。 ➡
申請書
②申請書の提出は留学生支援の会、下記へご持参下さい。


添付資料
   ・大会開催要綱(発表欄に本人氏名印刷されているもの)又は、当該学会で発表することが決定していることを証明する書類のコピー。                
   ・学生証のコピー(表

6.報告書と助成金支給

 

①学会出席後に必ず報告書の提出をお願いします。

 報告書は広報に掲載させていただきます。

②補助金は原則報告書の提出時にお渡ししますが、事前に必要な場合はご相談して下さい。

 

問い合わせ、提出先
国際交流会館2号館1階 留学生支援の会
E-mail: ryugakuseishiennokai@gmail.com    
火、金曜日11:40~15:40開けています。

                                         2022/5/10  

 「歌舞伎を観に行こう」掲示板   Bulletin board for "Let's enjoy Kabuki" 

 

4月26日 

 4月29日~5月8日の大型連休の期間、支援の会の連絡室は休みとします。ご注意ください。
 
Note:Our Contact room will be closed.during the Golden Week holidays from April 29th to May 8th,

4月24日 上演される「歌舞伎」の要旨を紹介します。

       彦山権現誓助剱―毛谷村
 優しくて強い剣士の六助は、悪賢い男に騙されて助けてやる。ところが後になって、その男が自分の剣の恩師をはじめ多くの人々を殺した極悪人であることを知り、恩師の娘と共に復讐を誓って出発する。

      Vow to help revenge with a sword at the foot of holy Mt. HIKOSAN;Keya Village
Rokusuke, a kind and invincible swordfighter, was deceived by a cunning man and helped him. After a while, Rokusuke learned that the cunning man he helped was a sneaky villain who killed many, including his sword master. He vows revenge with his master's daughter and sets out for battle.
 

4月23日  issatufs@outlook.jpがspamになっていませんか?spam解除をお願いします。

 私たちは、4月20日に、このイベントへの申込者全員に確認メールを送信しました。メールが見つからない場合はスパム扱いになっていないかを調べ、もしそうならば、スパムを解除する設定をしてください。また、メールが届いていない場合は、至急ご連絡ください。今後の情報提供を円滑に行うため、ご理解、ご協力お願いします。

We sent a confirmation email to all applicants for this event on April 20th. If you can't find it, please check to see if it's being treated as spam, and if so, set it to unspam. If you have not received this email, please contact us as soon as possible. We ask for your understanding and cooperation in order to smoothly provide information in the future.

 

▶For those who selected the English earphone guide on the application form
We regret to inform you that the earphone guide in English is no longer available.
Please let us know if you want to change to Japanese, do not use the earphone guide, or cancel your application.

三色幕横長.png
三色幕横長細.png
ポスター3.jpg

  歌舞伎を観に行こう

留学生のみなさん。
 コロナ禍により中止していた歌舞伎を観る会を、3年ぶりに行います。
歌舞伎は日本の代表的で伝統的な演劇で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。
 「でも日本語が・・・」。いえ、心配は無用です。カラフルな衣装や化粧、独特の演技や音楽を見て、聴くだけで十分楽しめます。おまけに、英語のイヤホン解説もあります。初心者用のレクチャーもあります。鑑賞後はコーヒなどを飲みながら、感想や疑問を交流します。
 この豊富なプログラムの費用のほとんどを支援の会が補助するので、あなたは500円払うだけで参加できます。
日本人学生も参加できます。
 この機会に、日本の伝統文化を一緒に楽しみましょう! 
今すぐ申し込んでください!

Let’s Enjoy KABUKI!

Dear international Students,
We will hold a Kabuki appreciation event after a two-year hiatus due to Corona infection.
Kabuki is a traditional theater that represents Japanese culture and is registered as a UNESCO World Intangible Heritage.
"But my Japanese is not...". No Problem. You can enjoy watching and listening to colorful costumes, makeup, unique actions and music. In addition, Earphone commentary in English is available. A brief beginner's lecture will help you understand. And after appreciation you can ask questions and exchange impressions about Kabuki  while enjoying coffee and so on.
Most of the cost of this Gorgeous program is subsidized by ISSA, so you can participate for only 500 yen. Japanese students can also participate.
Let's take this opportunity to enjoy traditional Japanese culture together!   
Apply now!

 

1.    日 時 6月5日(日) 13:45 ~18:30


2.    場 所 国立劇場 (東京都千代田区隼町)
       (多磨駅からは1時間以上。地下鉄半蔵門駅あるいは永田町駅から徒歩8分)
         アクセス方法: https://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/access.html


3.    参加費 500円 


4.    募集人数 50人 (留学生、日本人学生合わせて)


5.    6月5日のプログラム
   13:45 
国立劇場大劇場入り口前に集合 (交通費は各自負担)
   14:30 開演
     1)出演者による「歌舞伎のみかた」の説明
     2)歌舞伎『彦山権現誓助剣 ‐毛谷村』
       (あらすじ➡http://enmokudb.kabuki.ne.jp/repertoire/1512
   17:00 茶話会 (コーヒなど無料)
   18:30 現地で解散


6.    参加方法
   (1)希望者は、この
申し込みフォームに必要事項を記入して送信します(締切5月19日
   (2)フォームを送信した学生は、支援の会連絡室で参加費500円を支払います(
4月22日~5月20日

*連絡室の開室は、毎週火曜日、金曜日の11:40~15:40です(5月6日は閉室)。

*火曜日、金曜日に連絡室に来ることができない場合は、下記の口座に振り込んで下さい。

             手数料は自己負担です

   ゆうちょ銀行 記号番号:振替:00130-3-192674  (当座:〇一九店 192674)
 (加入者名 東京外国語大学留学生支援の会)

     
 (3)以上で参加者登録は完了です。参加者IDを渡すので、それを持って国立劇場に来てください。

     *登録後にキャンセルした場合、参加費は返金されません。


7、注 意


*歌舞伎鑑賞後集合写真を撮ります。会報に掲載することをご了承ください。
*都合により参加できなくなった場合は、必ず連絡してください。

*コロナ感染拡大の状況によってはプログラムの変更や中止もあることをご了承ください。
*募集人数に達し次第、募集を終了します。

この件についての問合せ、連絡、参加費の支払い

   留学生支援の会連絡室

     学生交流会館2号館 1階

     issatufs@outlook.jp

1. Date and time: Sunday, June 5th, 13: 45-18: 30


2. Location: National Theater 
   Address; Hayabusa-cho, Chiyoda-ku, Tokyo
    1 hour or more from Tama Station. 
    8 minutes’ walk from Hanzomon Station or Nagatacho Station)
     Detailed access method:  https://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu/access.html


3. Participation fee: 500 yen


4. Number of applicants: 50 (including Japanese students)


5. Schedule for June 5th
   13:45 Meet in front of the entrance to the National Theater 
       (transportation costs are to be borne by each person)
   14:30 Start of performance
     1) Introduction to Kabuki  by performers
     2) Kabuki "Hikoyama Gongen Sword-Moteyamura"
         (Synopsis ➡ http://enmokudb.kabuki.ne.jp/repertoire/1512)
   17:00 Tea Talk (free of charge such as coffee. Free participation)
   18:30 Dissolution 


6. How to participate
  (1) Fill out
this  
Application Formand send it (Deadline May 19).  then
  (2) Pay a participation fee of 500 yen
at the ISSA Contact Room (April 22nd-May 20th).

     ▶Our contact room is open every Tuesday and Friday from 11:40 to 15:40  (closed on May 6).

               ▶ If you cannot come to the contact room on Tuesday or Friday, you can transfer to the following

                  account at your own expense.

                         

   ゆうちょ銀行 記号番号:振替:00130-3-192674  (当座:〇一九店 192674) 

(加入者名 東京外国語大学留学生支援の会)


  (3) Your registration is complete. You will be given a participant ID. Show it at the National Theater.
         
▶In case of cancellation after registration, the participation fee will not be refunded.

 

7, attention


* We will take a group photo after watching Kabuki. Please note that it will be published in the newsletter.
* If you are unable to participate due to circumstances, please be sure to contact us.
* Please note that the program may be changed or canceled depending on the spread of corona infection.
* Recruitment will end as soon as the number of applicants is reached.

Inquiries about this matter

 Tufs-International Student Support Association

       Contact Room /  TUFS International Residences No. 2, 1st floor

    issatufs@outlook.jp
 

bottom of page