現在受付中

 「コロナの下での留学」をテーマとする小論文

 5万円の生活給付金支給 

 学会出席のための旅費助成 

締切は12月14日です!

「コロナの下での留学」をテーマとする小論文の募集
応募者には「コロナに負けるな!生活応援券」3000円をプレゼントします
2021年11月24日
東京外国語大学留学生支援の会

   留学生の皆さん 
 日本でのコロナ感染は大きく減少しています。とはいえ、いつになれば以前の生活に戻れるかはわかりません。私たちは現在も制約された生活を強いられています。留学生の皆さんも、学習や研究、友人や家族とのコミュニケーション、日常の生活において様々な困難や不便さに直面しながら、日本留学の目的を達成するために奮闘していることでしょう。
   そんな皆さんの、留学生としてのコロナ体験を様々な視点から文章にして、支援の会に届けてください。私たちはそれを支援の会のこれからの活動の参考にするとともに、会の会報やホームページに掲載して、学内外の多くの人に伝えていきます。
  それへのお礼として、投稿者には、先着順70名に、コンビニなど様々な場所で利用できるQUOカード3000円分を、「コロナに負けるな!生活応援券」として差し上げます。年末の生活をチョッピリ暖めるのに使ってください。
 みなさんからの積極的な投稿を期待しています。

   注意
1 投稿できる人 
東京外国語大学で学んでいる外国人留学生ならだれでも投稿できます。ただし、日本国外で生活している場合は「生活応援券」を渡せないことをご了承ください。

2 小論文の内容・形式

  (1)内容 「コロナの下での留学」に関する様々な論点、例えば、
      留学生としてあなたが体験した困難やその解決のための行動、
      あなたが観察した日本社会の問題点や特徴および自国との比較、
      あなたの体験や観察を通じての提言、
      留学生支援のあり方に関する要望、などから、
    自分が最も述べたい論点について記述してください。
  (2)言語と分量  日本語を使用し、1000字以上書いてください。
  (3)形式     所定の投稿用紙ファイル(Word形式)を使用し、その書式設定を変えずに原稿をペー

            ストしてください。
                   投稿用紙ファイル ダウンロード             
3 小論文の投稿方法
(1)完成した「投稿用ファイル」をメールに添付し、下記のアドレスに送信してください。
    ①送信先メールアドレス:issatufs@outlook.jp
    ②投稿期限 2021年12月14日18時
    ③メールには「小論文投稿」というタイトルをつけてください。
(2)投稿者には「投稿受付」メールを送信します。

「投稿受付」メールが2日以内に届かない場合、スパム扱いされていないか確認してください。それでも受信していない場合は、メールでお問い合わせください。

4「コロナに負けるな!生活応援券」の受取り
  (1)生活応援券は3000円分のQUOカード1枚です。 
  (2)受信した「投稿受付」メールを紙コピーあるいはスマホ等で提示して受け取ります。
    ①受取り日時 2021年12月21日、22日の 11:00~14:00
    ②受取り場所 留学生支援の会連絡室(国際交流会館2号館1F)
   
 質問等のある方は下記にメールでお願いします
東京外国語大学留学生支援の会 Mail:issatufs@outlook.jp

5万円の生活給付金

申し込み締め切りは11月30日です

 

ポストコロナ時代の

留学生の学び継続を支援する生活給付金

  2021年11月16日

    東京外国語大学留学生支援の会

 

東京外国語大学で学んでいる留学生のみなさん

 

 新型コロナ感染拡大は収束に向かいつつありますが、今も生活の困難や不便を抱えている留学生がいるでしょう。

 特に、授業料減免を受けていない私費留学生、育児のためあまりアルバイトが出来ない女性留学生の生活困窮が心配です。

 このような留学生の学びの継続を支援するため、5万円の生活給付金を支給します。

 

 生活に困っている留学生は、「申請書」に必要事項を記載して申し込んでください。

 申請書を審査したうえで、給付金の必要性の高い学生20名程度に5万円の給付金を支給します。返済する必要はありません。

 申請できる留学生

 東京外国語大学の学部・大学院に在学し、日本国内に居住している外国人留学生で、以下のAあるいはBの条件に該当する者。

A  以下の(1)~(3)条件のすべてを満たす者。

(1)日本政府奨学金(国費奨学金)を受給していない(私費留学生である)。

(2)授業料減免を受けていない。

(3)コロナ禍のためアルバイト収入、家族からの送金が減少して、生活に困っている。

 

  B 女性留学生で育児のために必要なアルバイトが出来ず、生活に困っている者。

 申請方法  

   所定の「申請書」(ここをクリックしてダウンロードできます)に必要事項を正確に記載して提出する

(1)提出期日 2021年11月30日(火曜日)18;00必着

(2)提出先 東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当

         mail: issatufs@outlook.jp

(3)提出方法 上記のメールアドレスあてに申請書ファイルを添付したメールを送信する(メールには「給付金申請」というタイトルをつける)

(4)提出者には確認メールを返送します。数日しても確認メールが届かない場合は、支援の会ホームページの「問い合わせ」フォームを利用して連絡してください。

 

 支給者の選考

     (1)選考委員会が申請書を審査し、給付金支給者を決定します

     (2)審査に必要な場合、メールや電話で質問することがあります。

    

 給付金の支給

 (1)支給者には2021年12月17日までに「決定通知」メールを送信します。

 (2)通知を受け取った学生は、必要な書類を、12月20日(月)11時~13時に、支援の会連絡室に提出してください。

 (3)提出した学生の指定口座に給付金を振り込みます。

     

 受給者の義務

   給付金の支給を受けた留学生は、以下の報告等を提出しなければなりません。

     (1)「コロナ禍のもとでの留学生活の困難と対応」(仮題)についての報告文

         (1500字以上、2022年1月31日まで)

     (2)「給付金を何に使用したか」についての報告

         (2022年3月20日まで)

 

 注意 

 申請した学生は、支援の会からのメールの着信をチェックしてください。またissatufs@outlook.jp がスパム扱いされないように設定してください。

連絡、質問先

この給付金についての質問は、留学生支援の会までメールでお願いします。

 東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当

     府中市朝日町3-11-2 国際交流会館2号館1F

     Mail: issatufs@outlook.jp

(メールでの連絡に返事がない場合は、このホームページの「連絡フォーム」を使って問い合わせてください。)

関係文書は下をクリックすればダウンロードできます

 (1)生活給付金の説明(PDF)

 (2)申請書(WORD)

Living Benefits for International Students to Support Continuous Learning 

in The Post-Corona Era

 

November 16, 2021 

International Student Support Association

 of Tokyo University of Foreign Studies

                              (TUFS-ISSA)

Dear all international students studying at Tokyo University of Foreign Studies,

 

Although the spread of the new corona infection is coming to a halt, there are probably international students who are still experiencing difficulties and inconveniences in their daily lives. In particular, we are concerned about the impoverishment of privately-financed international students who can not receive tuition exemptions and female students who cannot work part-time due to childcare.

In order to support such international students in continuing their studies, we will provide a living benefit of 50,000 yen.

 

International students who are having trouble making a living should fill out the "Application Form" and apply.

 

After reviewing the application, the 50,000 yen benefit will be provided to about 20 students who are in high need of the benefit. There is no need to repay.

 

International Students Eligible to Apply

International students who are enrolled in an undergraduate or graduate course at TUFS and reside in Japan, and who meet the following conditions A or B.

 

 A.  Students who meet all of the following conditions (1) to (3).

(1) You are not a recipient of a Japanese government-sponsored scholarship (That is,you are a privately-financed student).

(2) You are not receiving a tuition reduction or exemption.

(3) Due to the Corona disaster, your part-time job income and remittances from your family have decreased, and you are having trouble making ends meet.

 

 B.  Female  students who are having trouble making ends meet because you are unable to work part-time due to childcare.

 

How to apply  

Fill out the prescribed  Application Form (click here to download) accurately and submit it.

(1) Submission date: Must arrive no later than 18:00 on Tuesday, November 30, 2021.

(2) Submission address: Tokyo University of Foreign Studies International Student Support Association, Living Benefits Manager

         mail: issatufs@outlook.jp

 

(3) How to submit: Send an e-mail with the application form attached to the above e-mail address (the e-mail should be titled "Application for Benefits").

(4) A confirmation email will be sent back to the submitter. If you do not receive a confirmation e-mail within a few days, please contact us using the "Inquiry" form on the Support Association website.

Selection of recipients

(1) The selection committee will review the application and decide who will receive the benefits.

(2) Questions may be asked by e-mail or phone if necessary for the screening process.

 

Payment of benefits

(1) A "decision notification" will be sent to the recipients by December 17, 2021.

(2) Students who receive the notification must submit the necessary documents to the Support Association Liaison Office between 11:00 and 15:00 on Monday, December 20.

(3) Benefits will be transferred to the designated account of the students who submitted the documents.

 

Obligations of the Beneficiary

  International students who receive the benefits must submit the following reports.

(1) Report on "Difficulties and Responses to Life as a Foreign Student under the Corona Disaster" (tentative title)

         (1500 characters or more, by January 31, 2022)

(2) Report on "What you used the benefit money for"

         (by March 20, 2022)

 

Attention

Students who have applied should check their inboxes for emails from the support association. And please set up issatufs@outlook.jp so that it is not treated as spam.

 

Contact and questions

If you have any questions about this benefit, please contact TUFS-ISSA by e-mail.

 

Living Benefits Manager,

International Student Support Association,

Tokyo University of Foreign Studies,

1F, TUFS International Residence No.2, 3-11-2 Asahicho, Fuchu-shi

            Mail: issatufs@outlook.jp

(If you do not receive a response to your email, please use the "Contact Form" on this website to make an inquiry.)

 

Click below to download the Application Form 

  Application Form (WORD)

  

 
 

募集中!

学会出席のための旅費を助成します

     申し込みは 2021年12月10日(金)まで

 

留学生のための学会出席旅費の助成について(申請要領)
                          東京外国語大学留学生支援の会

1.目的
 本学大学院(修士課程・博士課程)留学生の研究推進に資するため、主として論文作成に関わる研究成果を、国際学会または日本国内の学会(研究発表大会等)に出席し発表する留学生に対し、その旅費の一部を助成する。
2.留学生の範囲と申請期限
(申請対象者) 大学院 修士課程 在籍者
            博士課程 在籍者
(申請期限)12月10日(金)15時までに留学生支援の会室(国際交流会館2号館1階)
       に申請書類を提出してください。
<注-1>  初めて申請する方を優先します。予算に満たない場合は、上記期限後
2度目以降の申請の方も受け付けます。
3. 対象となる学会
①海外で開催される国際学会
②日本で開催される学会(国際学会及び国内学会)
4. .助成内容と金額  
 交通費および宿泊費の助成 
 上記3-①の場合 50,000円
 上記3-②の場合 20,000円  
(今年度総額15万円)
<注-2>正規の旅費の支給を受ける場合を除く。
5.申請書について
①申し込みは下記へメールにてお願いします。折り返しメール添付にて申請書、申請要領をお送りいたします。
特記:件名は「学会出席旅費助成の件」と入力願います。
E-mail: ryugakuseishiennokai@gmail.com    
尚、支援室は11月から、月、木曜日11:40~15:40の間、開いています。
②添付資料
   大会開催要綱(発表欄に本人氏名印刷されているもの)又は、当該学会で発表することが決定していることを証明する書類のコピー。                

注)リモートでの参加は該当しません。
 

 2020年秋に来日したISEP留学生の

コロナ感染下における日本留学体験記を募集しています

 

7月に留学を終了するISEP留学生の皆さん!
 

  昨年の秋に始まった皆さんの1年間の留学生活は、コロナ感染拡大下の1年間でした。

 時差のある自国でのオンライン授業、来日後の2週間の自主隔離、2回の緊急事態宣言、等々。

 そんな中で、皆さんが困ったこと、それをどう克服したか、どんな支援を受けたか、留学の目的は達成できたか、について、皆さんの経験を教えてください。

 

 提出先 東京外国語大学留学生支援の会 issatufsp@gmail.com 

 提出方法 「体験記」というタイトルのメールにファイルを添付して、上記のメールアドレスに送信する

   分量  A4フォーマット1ページ以内、形式自由

 言語  日本語、英語

 提出期限 2021年7月26日

Please write your experience of

       studying in Japan under corona infection

Dear ISEP Students leaving TUFS in July!

The International Student Support Association(TUFS-ISSA )is looking for your short report or essay about your experience of studying in Japan under corona infection
If you are interested, please see the official website below.

https://www.tufsissa.com/%E5%8B%9F%E9%9B%86%E4%B8%AD

International Student Support Association /TUFS
 

   Submission by Email

 Adress:  isastufsp@gmail.com      (TUFS-ISSA)

   Method: Attach the manuscript file to an email titled "Experience Report"

                  and send it to the above email address.

   Amount: A4 format within 1 page, Format free 

   Language:J apanese, or English

   Submission deadline: July 26, 2021

 

 

 

 

申し込みは7月6日まで

コロナ禍により生活費が不足している私費研究留学生に対し

緊急生活給付金10万円を支給します

 

新型コロナウィルス感染下での
留学生の学び継続を支援する緊急給付金

  2021年6月23日
    東京外国語大学留学生支援の会
 
 東京外国語大学で学んでいる私費研究留学生のみなさん

 新型コロナ感染拡大が500日を超えたなかで、勉強や生活の面で困難や不便を抱えている私費研究留学生、とくに家族からの援助やアルバイトによる収入が少なくなり生活に困っているみなさんの学びの継続を支援するため、緊急生活給付金10万円を支給します。

 下記の(1)~(5)の条件すべてに該当し、給付金を希望する留学生は、申請書に必要事項を記載して申し込んでください。

 申請書を審査したうえで、給付金の必要性の高い学生10名程度に10万円を上限とする給付金を支給します。返済する必要はありません。

1 留学生の学び継続を支援する緊急給付金の金額と支給人数

    1名10万円を上限として10名程度に支給する

2 申請できる留学生
 以下1~5の条件のすべてに当てはまる留学生
 (1)東京外国語大学の学部・大学院の研究生として、授業を受講している
 (2)現在日本国内に居住している。
 (3)日本政府奨学金を受給していない。
 (4)留学を継続するためにはアルバイトをする必要がある
 (5)コロナ禍のためアルバイトの収入が減少して、生活に困っている

3 申請方法  
 所定の「申請書」に必要事項を正確に記載して提出する 

                    (申請書の必要な学生は、下記のメールアドレスに請求してください)
 (1)提出期日 2021年7月6日(火曜日)18;00必着
 (2)提出先 東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当
         mail: issatufs@outlook.jp

 (3)提出方法 上記のメールアドレスあてに申請書ファイルを添付したメールを送信する

          (メールには「給付金申請」というタイトルをつける)
 (4)提出者には確認メールを返送するので、確認してください。
    確認メールが届かない場合は、このホームページの「問い合わせ」より連絡フォームを利用して問い合わせてください。

4 支給者の選考
  (1)選考委員会が申請書を審査し、給付金支給者を決定します
  (2)支給額が10万円以下になることもあります
  (3)審査に必要な場合、面接を行うことがあります。
    
5 給付金の支給
 (1)支給者には7月25日までに決定通知をメールで通知します。
 (2)給付金を支給する日時、方法については決定通知で連絡します。

6 報告の提出
   給付金の支給を受けた留学生には、以下の2種類の報告書を提出してもらいます
     (1)「コロナ禍のもとでの留学生活の困難と対応」(仮題)についての報告
         (2000字以上、8月25日まで)
     (2)「給付金を何に使用したか」についての報告
         (2022年2月末まで)


注意 以上の手続きはメールを通じて行います。
  (1)issatufs@outlook.jp がスパム扱いされないように設定するとともに、

  支援の会からのメールが届かない場合にはゴミ箱などもチェックしてください。
  (2)それでも見つからない場合は、このホームページの「連絡フォーム」を利用して問い合わせてください。


連絡。質問先
この給付金についての質問は、留学生支援の会までメールでお願いします。
 東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当
     府中市朝日町3-11-2 国際交流会館2号館1F
     Mail: issatufs@outlook.jp
    (メールでの連絡に返事がない場合は、このホームページの「連絡フォーム」を使って問い合わせてください。