top of page

  東京外国語大学留学生支援の会は、

 東外大で学ぶ外国人留学生、研究者とその家族のためのさまざまな生活支援事業、文化交流事業を企画、実行し、

 東外大のめざす「I(留学生)・J(日本人学生)共学」の実現に貢献することを目的に活動しています。

 その活動を支えるのは、全国の会員の会費、寄付そして自発的な協力、参加です。

 本会の趣旨、目的にご賛同いただける方々の入会を心からお願いし、歓迎します。

2024年度入学予定者および保護者の皆様

 合格おめでとうございます。

 本会では、毎年入学時に際し、多数の新しい会員をお迎えしています。

​ 留学生支援は一方向的な援助提供ではなく、相互的な交流、理解、協力のプロセスです。会の各種事業の企画にあたっては、日本人学生も参加する「IJ協働」となるよう心掛けています。留学生支援は、海外留学する多数の東外大日本人学生が現地で受けた・受けている・受けるだろう支援への返礼でもあります。

 この趣旨をご理解の上、異なる生活環境、文化のなかで様々な困難に直面する留学生たちへの支援の活動に参加、協力されることを呼びかけます。

  東京外国語大学留学生支援の会幹事一同

 入会の方法

1 入会 本会の目的、趣意、会則に賛同し、所定の会費を納入のうえ入会申込みを行うことで会員となります。

2 会費 会費は学年度(4月1日~3月31日)単位で、年会費額は以下の通りです。

       年会費 3,000円

*入学(編入学)に伴う入会に際しては下記4にあるように在学期間分会費の一括前納をお願いしております。

3    入会手続き 指定口座に所定の会費を振り込みのうえ、入会申込書を提出ください。


1)入会申込書の提出には、このページの下段にある「入会申込書フォーム」を利用ください。必要事項を記入して送信することにより申し込みが受け付けられます。

​                             


2)パソコン等での申込操作に不慣れな方は、下のボタンをクリックして「入会申込書」ファイルをダウンロードされ、A4サイズ用紙に印刷したものに必要事項を記載のうえ、支援の会宛に郵送してください。

 

3)会員登録手続き完了後、ご入会の確認と会員番号をメールにて通知いたします。

 

4 入学あるいは編入学に際して入会される場合

1)保護者の入会をお願いしております。
2)本会の財政基盤安定化と事務処理軽減のため、年会費(3000円)の4年分12,000円(3年次編入の場合は2年分6,000円)の一括前納にご協力ください。

3)入会手続きは上記3の手順でお願いします。
4)4年(2年)間の前納期間が終了した後も引き続き会員として協力してくださるようお願いします。

5 入会後の会費の納入

1)入会時に納入された会費の対応期間が終了した後も、退会のお申し出のない場合は、次年度会費の納入期限である3月末日までの1年間は会員として会報の送付やメール連絡をいたします。この期間内に年会費3000円をお振込みになり、引き続き会員として協力ください。以後も、毎年度継続していただければ幸甚です。
2)当該年度末までに会費の納入がない場合は退会とさせていただきます。

3)上記に関わらず、退会を希望される会員は支援の会までメールあるいは書状で連絡ください

 

6 その他

1)会報 会員には、会の活動の現況や留学生、会員、会内外の留学生問題専門家からの寄稿を掲載した会報を毎年度3回(6月、11月、2月)配布いたします。
 配布の方法は、①紙印刷版の郵送あるいは②電子版(PDFファイル)のオンライン配布のいずれかを選択してください。会では、ペーパーレスの利便性、環境保護、印刷・郵送経費節減という観点から、電子版を推奨いたします。

2)連絡先 会報の配布、メールでのお知らせなどを遺漏なく行うため、住所、メールアドレス、電話番号はお間違えのないことを確認してください。転居などによる変更の際はメールで変更後連絡先をお届けください。
 

  会費振込先
  ゆうちょ銀行
      記号番号:振替:00130-3-192674
     (当座:〇一九店 192674)
      (加入者名 東京外国語大学留学生支援の会)


  入会申込書送付先
   Mail:contact@tufs.issa.com (東京外国語大学留学生支援の会 事務担当)

入会申込
入会申込書

 東京外国語大学留学生支援の会会長殿

 私は、貴会の趣旨、会則に賛同し入会を申し込みます。
 

 前項で卒業生、在学生、保護者を選択された方は、入学あるいは卒業した学部等とその年度も記入ください(例:国際社会学部24年度入学、フランス語科95年度卒)。

入会のお申込みありがとうございます。

bottom of page