top of page

2週間の自主隔離生活

 既報の通り、支援の会では自主隔離生活を強いられるISEP60名(予定より1名減)に対して、ウエルカムキットを配布しました。それに対してお礼のメールを送信してくれたドイツ人学生S君に対し、12月3日、隔離生活に関する簡単なインタビューを試みました。以下はS君が語ったことの要約です。

 

*今回の受け入れ態勢全般に関して満足し、感謝もしている。出発前は、厳しい入国審査や大学での管理があるのではと心配していたが、そういうこともなく、どこでも親切に対応してくれ、安心して留学をスタートすることができた。

*食料品はあまり持ってこなかった。特に肉や生ものは検疫で没収されると思って持参しなかった。

*部屋から出ないという規則は基本的に守っている。オンライン授業を受講していない時間帯は日本語や自分の専攻分野の自習などに充てている。特に困ることはない。

*他の留学生とのコミュニケーションの機会はない。既に10月からオンラインでクラスメートになり、名前や顔を知っている学生はいるが、メアドの交換まではしていなかったので、コンタクト取れない状態だ。

*オンラインショッピングで必要品は簡単に入手できると思っていた。ところがAMAZONに発注しようとしたが、配達まで1週間かかるので役に立たなかった。

*今一番困っているのは、買い物が出来ないことだ。私はお金に困っているわけではないので、例えば食器についても代金は支払えるし、そうしたい。買い物を代行してくれる支援があれば一番助かる。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月下旬、大学はアフガニスタンの元留学生とその家族11名を迎え入れました。タリバンが政権を掌握した母国から退避して来た方々で、今後半年間は寮で生活するそうです。10月中旬にはさらに1家族10名を受け入れました。 1年前に米軍が突然撤退しタリバン政権が復活した時、日本政府は現地の大使館員とJICA職員とその家族は退避させましたが、前政権内部やその他の組織で働いていた元留学生に関してはタリバン政権の迫

2001年のタリバン政権崩壊後、日本はアフガニスタンの復興、民主化支援のために積極的に留学生を受け入れました。帰国して活躍していた元留学生たちですが、昨年のタリバン復権に伴い深刻な危機に直面しました。そんな教え子たちの窮状を知った本学教員を含む留学時の指導教官が協力してクラウドファンディングで資金を集め、アフガニスタン元留学生とその家族の日本への緊急退避を支援するプロジェクトが立ち上げられました。

彦山権現誓助剱―毛谷村 <要旨> 優しくて強い剣士の六助は、悪賢い男に騙され、助けてやる。ところが後になって、その男が自分の剣の恩師をはじめ多くの人々を殺した大悪人であったことを知り、恩師の娘と共に復讐を誓って出発する。 Vow to help revenge with a sword at the foot of holy Mt. HIKOSAN;Keya Village <Short summ

bottom of page