2週間の自主隔離生活

 既報の通り、支援の会では自主隔離生活を強いられるISEP60名(予定より1名減)に対して、ウエルカムキットを配布しました。それに対してお礼のメールを送信してくれたドイツ人学生S君に対し、12月3日、隔離生活に関する簡単なインタビューを試みました。以下はS君が語ったことの要約です。

 

*今回の受け入れ態勢全般に関して満足し、感謝もしている。出発前は、厳しい入国審査や大学での管理があるのではと心配していたが、そういうこともなく、どこでも親切に対応してくれ、安心して留学をスタートすることができた。

*食料品はあまり持ってこなかった。特に肉や生ものは検疫で没収されると思って持参しなかった。

*部屋から出ないという規則は基本的に守っている。オンライン授業を受講していない時間帯は日本語や自分の専攻分野の自習などに充てている。特に困ることはない。

*他の留学生とのコミュニケーションの機会はない。既に10月からオンラインでクラスメートになり、名前や顔を知っている学生はいるが、メアドの交換まではしていなかったので、コンタクト取れない状態だ。

*オンラインショッピングで必要品は簡単に入手できると思っていた。ところがAMAZONに発注しようとしたが、配達まで1週間かかるので役に立たなかった。

*今一番困っているのは、買い物が出来ないことだ。私はお金に困っているわけではないので、例えば食器についても代金は支払えるし、そうしたい。買い物を代行してくれる支援があれば一番助かる。



16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

『会報』68号(2021年11月号)が発送されました。

既に配送されている会員もみえるかもしれません。到着まであとしばらくお待ちください。 そしてご一読の上、紙面改善のためみなさまのご意見をお寄せください。 万一、今月中に配送されない場合、恐れ入りますが支援の会までご一報ください。

JLC50周年記念集会が200名近い参加により開催されました

本学の留学生日本語教育センターの前身である外国語学部付属日本語学校が開設されたのは1970年のことです。昨年が50周年でしたが、コロナ禍のため計画してきた行事は中止のやむなきに至りました。そして今年、ZOOM会議などOnlineによる集会として開催されました。

東外大留学生を支援する5万円の生活給付金を支給します!  申し込みは11月30日までです。

ポストコロナ時代の 留学生の学び継続を支援する生活給付金について 2021年11月16日 東京外国語大学留学生支援の会 東京外国語大学で学んでいる留学生のみなさん 新型コロナ感染拡大は収束に向かいつつありますが、先行きは不明であり、今も生活の困難や不便を抱えている留学生がいるでしょう。 特に、私費留学生で授業料減免を受けていない人、育児のためあまりアルバイトが出来ない女性留学生の生活困窮が心配です