top of page

11月幹事会速報

本日、11月幹事会が13名の参加により開催され、10時から13時まで議論しました。(参加幹事の皆さん、ご苦労様でした。)

 本日のビッグイベントは、なんといっても闘病生活から回復された鮎澤孝子前会長の久々の会議出席。冒頭に挨拶をお願いしましたが、ICU在学中に日本語教育に関心を持ち、海外での教育経験を経て大学院で研究を深め、東外大、秋田国際教養大学で長年日本語教育の研究と専門職育成に従事された後、本会の2代目会長になられたという、日本語教育、留学生教育人生を、最近の生活の様子などを交え、語ってくださいました。非常に含蓄のある興味深いお話で、是非とも会報等に寄稿いただきたいと思います。

 ひとり電車で来られたようでお元気そうでしたが、今後は会の活動に参加できないので、区切りの挨拶にみえたとのこと。会への心配りに、先生のお人柄を感じつつ、一同感謝の拍手を送りました。長年の留学生たちへのご貢献、ありがとうございます。


 会議では、活発な議論を通じ、生活支援策として、給付金5万円を支給すること、生活アンケート及び留学生報告文への協力謝礼として3000円相当の生活応援券を配給することを決定し、12月中の完了に向けて週明けから取り組むことを決めました。

 また文化・交流事業に関しては、「富士山ツアー」は実施の報告で現地協力者との調整を進めることを確認しました。



 会議終了後、国際交流会館のチューター3名に来てもらい、6~7名の会員が参加して情報、意見交流が、約1時間にわたって、当方からの質問に回答してもらうかたちで行われました。今後、このような話し合いの場を継続しつつ、留学生も交えて発展させること、そして支援の会とチューターとの交流、協力を進めることを確認して終わりました。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月下旬、大学はアフガニスタンの元留学生とその家族11名を迎え入れました。タリバンが政権を掌握した母国から退避して来た方々で、今後半年間は寮で生活するそうです。10月中旬にはさらに1家族10名を受け入れました。 1年前に米軍が突然撤退しタリバン政権が復活した時、日本政府は現地の大使館員とJICA職員とその家族は退避させましたが、前政権内部やその他の組織で働いていた元留学生に関してはタリバン政権の迫

2001年のタリバン政権崩壊後、日本はアフガニスタンの復興、民主化支援のために積極的に留学生を受け入れました。帰国して活躍していた元留学生たちですが、昨年のタリバン復権に伴い深刻な危機に直面しました。そんな教え子たちの窮状を知った本学教員を含む留学時の指導教官が協力してクラウドファンディングで資金を集め、アフガニスタン元留学生とその家族の日本への緊急退避を支援するプロジェクトが立ち上げられました。

彦山権現誓助剱―毛谷村 <要旨> 優しくて強い剣士の六助は、悪賢い男に騙され、助けてやる。ところが後になって、その男が自分の剣の恩師をはじめ多くの人々を殺した大悪人であったことを知り、恩師の娘と共に復讐を誓って出発する。 Vow to help revenge with a sword at the foot of holy Mt. HIKOSAN;Keya Village <Short summ

bottom of page