top of page

連絡室のある国際交流会館2号館の外壁補修が完了しました

 支援の会の活動拠点である連絡室は、キャンパス内の3棟の留学生寮の1つである国際交流会館2号館の1階にあります。


 その交流会館2号館では、この春以来ずっと外壁の補修工事が続けられてきました。それが秋になってようやく完了し、まるで新築同様の(?)美しい姿となりました。現在は、全館の照明のLED化工事が行われています。

 コロナ下で入居留学生数が激減している時期なので、工事には都合がよかったかもしれません。


 このリフレッシュされた建物が新たな留学生たちで一杯になる日の遠からんことを願います。

 写真は上から、アフター(11月上旬)、施術中(7月中旬)、ビフォー(3月下旬)です

 きれいになったのがわかりますね







閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月下旬、大学はアフガニスタンの元留学生とその家族11名を迎え入れました。タリバンが政権を掌握した母国から退避して来た方々で、今後半年間は寮で生活するそうです。10月中旬にはさらに1家族10名を受け入れました。 1年前に米軍が突然撤退しタリバン政権が復活した時、日本政府は現地の大使館員とJICA職員とその家族は退避させましたが、前政権内部やその他の組織で働いていた元留学生に関してはタリバン政権の迫

2001年のタリバン政権崩壊後、日本はアフガニスタンの復興、民主化支援のために積極的に留学生を受け入れました。帰国して活躍していた元留学生たちですが、昨年のタリバン復権に伴い深刻な危機に直面しました。そんな教え子たちの窮状を知った本学教員を含む留学時の指導教官が協力してクラウドファンディングで資金を集め、アフガニスタン元留学生とその家族の日本への緊急退避を支援するプロジェクトが立ち上げられました。

彦山権現誓助剱―毛谷村 <要旨> 優しくて強い剣士の六助は、悪賢い男に騙され、助けてやる。ところが後になって、その男が自分の剣の恩師をはじめ多くの人々を殺した大悪人であったことを知り、恩師の娘と共に復讐を誓って出発する。 Vow to help revenge with a sword at the foot of holy Mt. HIKOSAN;Keya Village <Short summ

bottom of page