連絡室のある国際交流会館2号館の外壁補修が完了しました

 支援の会の活動拠点である連絡室は、キャンパス内の3棟の留学生寮の1つである国際交流会館2号館の1階にあります。


 その交流会館2号館では、この春以来ずっと外壁の補修工事が続けられてきました。それが秋になってようやく完了し、まるで新築同様の(?)美しい姿となりました。現在は、全館の照明のLED化工事が行われています。

 コロナ下で入居留学生数が激減している時期なので、工事には都合がよかったかもしれません。


 このリフレッシュされた建物が新たな留学生たちで一杯になる日の遠からんことを願います。

 写真は上から、アフター(11月上旬)、施術中(7月中旬)、ビフォー(3月下旬)です

 きれいになったのがわかりますね







2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

『会報』68号(2021年11月号)が発送されました。

既に配送されている会員もみえるかもしれません。到着まであとしばらくお待ちください。 そしてご一読の上、紙面改善のためみなさまのご意見をお寄せください。 万一、今月中に配送されない場合、恐れ入りますが支援の会までご一報ください。

JLC50周年記念集会が200名近い参加により開催されました

本学の留学生日本語教育センターの前身である外国語学部付属日本語学校が開設されたのは1970年のことです。昨年が50周年でしたが、コロナ禍のため計画してきた行事は中止のやむなきに至りました。そして今年、ZOOM会議などOnlineによる集会として開催されました。

東外大留学生を支援する5万円の生活給付金を支給します!  申し込みは11月30日までです。

ポストコロナ時代の 留学生の学び継続を支援する生活給付金について 2021年11月16日 東京外国語大学留学生支援の会 東京外国語大学で学んでいる留学生のみなさん 新型コロナ感染拡大は収束に向かいつつありますが、先行きは不明であり、今も生活の困難や不便を抱えている留学生がいるでしょう。 特に、私費留学生で授業料減免を受けていない人、育児のためあまりアルバイトが出来ない女性留学生の生活困窮が心配です