東外大留学生を支援する5万円の生活給付金を支給します!  申し込みは11月30日までです。

更新日:11月24日

ポストコロナ時代の

留学生の学び継続を支援する生活給付金について

  2021年11月16日

    東京外国語大学留学生支援の会

 

東京外国語大学で学んでいる留学生のみなさん


新型コロナ感染拡大は収束に向かいつつありますが、先行きは不明であり、今も生活の困難や不便を抱えている留学生がいるでしょう。

特に、私費留学生で授業料減免を受けていない人、育児のためあまりアルバイトが出来ない女性留学生の生活困窮が心配です。

そこで、留学生支援の会では、生活が困難となっている留学生を支援するため、5万円の生活給付金を支給することにします。


生活給付金を申し込めるのは、下記の2の条件に該当する留学生です。希望者は、申請書に必要事項を記載して申し込んでください。

申請書を審査したうえで、給付金の必要性の高い学生20名程度に5万円の給付金を支給します。返済する必要はありません。


1 給付金の金額と支給人数

    1名5万円を20名程度に支給する。


2 申請できる留学生

東京外国語大学の学部・大学院に在学し、日本国内に居住している外国人留学生で、以下のAあるいはBの条件に該当する者。

A  以下の(1)~(3)条件のすべてを満たす者。

(1)日本政府奨学金(国費奨学金)を受給していない(私費留学生である)。

(2)授業料減免を受けていない。

(3)コロナ禍のためアルバイト収入、家族からの送金が減少して、生活に困っている。


B 女性留学生で育児のために必要なアルバイトが出来ず、生活に困っている者。




3 申請方法  

所定の「申請書」に必要事項を正確に記載して提出する

*「申請書」は支援の会ホームページからダウンロードしてください。

    https://www.tufsissa.com/%E5%8B%9F%E9%9B%86%E4%B8%AD


(1)提出期日 2021年11月30日(火曜日)18;00必着

(2)提出先 東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当

         mail: issatufs@outlook.jp

(3)提出方法 上記のメールアドレスあてに申請書ファイルを添付したメールを送信する(メールには「給付金申請」というタイトルをつける)

(4)提出者には確認メールを返送します。数日しても確認メールが届かない場合は、支援の会ホームページの「問い合わせ」フォームを利用して連絡してください。


4 支給者の選考

     (1)選考委員会が申請書を審査し、給付金支給者を決定します

     (2)審査に必要な場合、メールや電話で質問することがあります。

    

5 給付金の支給

 (1)支給者には2021年12月17日までに決定通知をメールで通知します。

 (2)通知を受け取った学生は、給付金受領に必要な書類を、12月21日(月)11時~13時に、支援の会連絡室に提出してください。

 (3)提出した学生の指定口座に給付金を振り込みます。

     

6 支給者の義務

   給付金の支給を受けた留学生は、以下の報告等を提出しなければなりません。

     (1)「コロナ禍のもとでの留学生活の困難と対応」(仮題)についての報告文

         (1500字以上、2022年1月31日まで)

     (2)「給付金を何に使用したか」についての報告

         (2022年3月20日まで)


注意 

(1)申請した学生は、支援の会からのメールの着信をチェックしてください。またissatufs@outlook.jp がスパム扱いされないように設定してください。

(2)給付金に関する情報や「申請書」などは支援の会のHPで閲覧し、ダウンロードすることができます。

連絡、質問先

この給付金についての質問は、留学生支援の会までメールでお願いします。

 東京外国語大学留学生支援の会 生活給付金担当

     府中市朝日町3-11-2 国際交流会館2号館1F

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

『会報』68号(2021年11月号)が発送されました。

既に配送されている会員もみえるかもしれません。到着まであとしばらくお待ちください。 そしてご一読の上、紙面改善のためみなさまのご意見をお寄せください。 万一、今月中に配送されない場合、恐れ入りますが支援の会までご一報ください。

JLC50周年記念集会が200名近い参加により開催されました

本学の留学生日本語教育センターの前身である外国語学部付属日本語学校が開設されたのは1970年のことです。昨年が50周年でしたが、コロナ禍のため計画してきた行事は中止のやむなきに至りました。そして今年、ZOOM会議などOnlineによる集会として開催されました。

11月幹事会速報

本日、11月幹事会が13名の参加により開催され、10時から13時まで議論しました。(参加幹事の皆さん、ご苦労様でした。) 本日のビッグイベントは、なんといっても闘病生活から回復された鮎澤孝子前会長の久々の会議出席。冒頭に挨拶をお願いしましたが、ICU在学中に日本語教育に関心を持ち、海外での教育経験を経て大学院で研究を深め、東外大、秋田国際教養大学で長年日本語教育の研究と専門職育成に従事された後、本