アフガニスタン元留学生緊急退避受入への協力について

 2001年のタリバン政権崩壊後、日本はアフガニスタンの復興、民主化支援のために積極的に留学生を受け入れました。帰国して活躍していた元留学生たちですが、昨年のタリバン復権に伴い深刻な危機に直面しました。そんな教え子たちの窮状を知った本学教員を含む留学時の指導教官が協力してクラウドファンディングで資金を集め、アフガニスタン元留学生とその家族の日本への緊急退避を支援するプロジェクトが立ち上げられました。


 7月の支援の会総会では、その発起人の一人でもある林学長から、本学でも2家族20余名を受け入れるので、支援協力をお願いしたいという依頼を受けました。その後の幹事会では、受け入れ窓口となる国際化拠点室やPCSと連絡を取りながら、会として可能な支援を行うことを確認して到着を待ちました。現地の厳しい状況により出国が遅れましたが、最初の家族11名が8月31日に、2番目の10名が10月18日に来日し、キャンパス内国際交流会館の家族室に入居しました。


 会では交流会館内の連絡室担当幹事を中心に家族の方々とコンタクトを取り、これまでに日常生活に必要な自転車、衣類、寝具、家具、調理器具、食器などを会の備蓄品あるいは会員の提供によって提供してきました。9月25日には幹事会終了後1番目の家族全員と対面して相互に自己紹介し、困ったことがあれば気軽に相談して欲しいと伝えました。その際、元留学生の父親が「物よりも精神的な支援がうれしい」とおっしゃったのが印象的でした。


 両家族とも元留学生夫婦と子供、孫および高齢の親の4世代家族です。育児、通学、進学、就職さらには介護と多様な課題に直面しています。さらに交流会館の滞在期限は来年8月なので、それまでに大家族が暮らせる住宅を確保する必要もあります。これらの困難に比して、会が支援できる範囲は非常に限定されています。とはいえ、家族の方々とのスキンシップ的な交流を大切にし、そこから日常の小さなニーズを聞き取とりながら、支援の会ならではの支援に取り組んでまいります。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月下旬、大学はアフガニスタンの元留学生とその家族11名を迎え入れました。タリバンが政権を掌握した母国から退避して来た方々で、今後半年間は寮で生活するそうです。10月中旬にはさらに1家族10名を受け入れました。 1年前に米軍が突然撤退しタリバン政権が復活した時、日本政府は現地の大使館員とJICA職員とその家族は退避させましたが、前政権内部やその他の組織で働いていた元留学生に関してはタリバン政権の迫

彦山権現誓助剱―毛谷村 <要旨> 優しくて強い剣士の六助は、悪賢い男に騙され、助けてやる。ところが後になって、その男が自分の剣の恩師をはじめ多くの人々を殺した大悪人であったことを知り、恩師の娘と共に復讐を誓って出発する。 Vow to help revenge with a sword at the foot of holy Mt. HIKOSAN;Keya Village <Short summ

支援の会会員の安藤浩行様よりの留学生のアルバイト求人情報を掲載します 業務内容 男女のアンダーウェアの仕分け、福袋の仕分け、パッキング 期  間  12月22日~28日の間 (3日以上勤務できること。期間中宿泊) 勤務先  株式会社エーエム ロジスティック 勤務場所  茨城県稲敷郡美浦村 美浦D.C.Iセンター 最寄り駅 JR常磐線ひたち野うしく駅 (多磨駅から2時間程度) 駅まで出迎えあり 勤務